インターネット導入の際の情報をご紹介します。

インターネット導入の際の情報をご紹介します。

インターネット導入アドバイザー

↑ページの先頭へ
枠上

WiMAX機器の大きさは、スマホよりも小

WiMAX機器の大きさは、スマホよりも小型です。
ですので、持ち出しするのに邪魔になりません。ポケットに入るサイズですし、重量や厚みも大した事無くて、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。WiMAX端末は、スマホアプリを使用して操作可能です。

ですので、ワイマックス対応の通信機をカバンの中に入れ、そのまま使う事も可能です。WiMAXサービスを提供するプロバイダの間でも、少し変わっているのが3WiMAXってプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAX系統のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。なので、3WiMAXには提供されているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系統のプロバイダとは全く異なります。具体例を出すと、3波を束ねるキャリアアグリゲーションにより下り最大通信速度が370Mbps出る点が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末であるSpeed USB STICK U01など、UQ WiMAX系列のプロバイダではランナップされていません。
それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られていて、価格としては大体3000円前後します。
このクレードルの必要性が気になると言う方もいるかと思われますが、実際なくてもWiMAXを使用する事が出来ます。ただ、クレードルがある事によってイーサーネットポートを使用する事が出来ますから、LANケーブルを使ったAPモードやルータモードが利用する事が可能になります。しかも、常にWiMAX端末を満充電の状態で維持する事が出来ますから、いつも外に持ち出す事が出来るようになります。WiMAXのサービスに申し込んだ事で、私の日常は大きく変わりました。



一番変化が大きかった事は、スマートフォンで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。Wi-Fiテザリングを使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマートフォンの通信量は浪費しなくなったのです。
そう言う流れで、スマホサイトにムービーが設置されている場合であっても、気にせず普通に観れるようになりました。

UQ WiMAXサービスに申し込むと、その機能性の良さにビックリさせられます。



自分が契約後に思ったのが、速度制限がそんなに厳し過ぎないと言うところです。

自分はワイモバイルからUQ WiMAXへの買い換え組なのですが、通信制限でイライラする事が無くなりました。

UQ WiMAXサービスにも通信制限はありますが、ギガ放題プランで申し込めば気にするレベルじゃ無くなるのです。So-net モバイル WiMAX 2+でWiMAXサービスの申し込みを行なう利点ですが、セキュリティサービスが一つとして挙げられます。

その訳とは、So-netが提供するインターネットサービスはWiMAXだけに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言うところが人気なのです。
付いて来るセキュリティサービスとはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事を指し、WindowsとMacとAndroidの三種類のOSに対応していて、最大5台の機器までインストールする事が可能です。



カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティをセットアップする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの色々な危険に対処する事が出来る点が、非常にありがたいキャンペーン特典と言えるでしょう。


WiMAXサービスの契約の期間は25ヵ月間契約の自動更新型が基本で、契約期間内に解約手続きを進めた場合は契約解除料が請求されてしまいます。

始めからの13ヵ月間の契約解除料は19000円掛かってしまい、14ヵ月目から25ヵ月目の間の契約解除料は14000円で、26ヵ月目以後となる契約解除料は9500円となります。
ところで、GMOとくとくBB WiMAX 2+の契約解除料は厳しめになっていて、最初の25ヵ月間の契約解除料は24800円、26ヵ月目以降の契約解除料は9500円になります。しかしながら、GMOとくとくBB WiMAX 2+の場合だと契約20日以内の解約に対して契約解除料が掛かりませんから、単純にハードだとも言い切れません。WiMAXサービスを取り扱うプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+って言うプロバイダがあります。



このプロバイダが提供するWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。
So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のサービスです。

月額500円のサービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。WiMAXサービスは無線を使用するインターネットサービスですから、一度使ってみないと分からない部分はあります。



そう言う人にお勧めなサービスが、Try WiMAXと言う15日間利用出来るWiMAXのお試しサービスです。
クレジットカードの番号の登録とアンケートに答える事が利用条件とはなりますが、契約前にWiMAXサービスを使う事の出来る嬉しい制度です。



サービスの使用中にUQ WiMAXからセールスの電話がありますから、そのまま申込みまで済ませるのも良いでしょう。WiMAXの契約を行う際、料金プランを選択する必要があります。プロバイダにより異なりますが、ざっくりと2種類の料金プランに分類する事が出来ます。

その料金プランは何かと言うと、ギガ放題プランと通常プランです。ギガ放題プランの場合は若干月額料金が高くなりますが、その分だけたっぷりと通信量を楽しむ事が出来ます。反対に、通常プランは安価なものの、速度制限の規制が厳しくなる分の注意が必要です。どんだけ通信量が必要なのかを検討しながら、どちらの料金プランにするかを考えましょう。
枠下 枠上

Speed Wi-Fi NEXT W01(

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)はキャリアアグリゲーションを搭載して、初の下り最大通信速度が220Mbpsに達しているWiMAXの端末として登場しました。

Speed Wi-Fi NEXT W01(HWD31)が登場した当初はキャリアアグリゲーションに対応するエリアは限定的でしたが、現在は対応エリアが広がっています。そして、au 4G LTEと言う機能はHWD15からそのまま受け継ぎ、広いエリアでの通信に対応している点がSpeed Wi-Fi NEXT W01の特徴の一つになってます。

勿論の事ですが、Speed Wi-Fi NEXT W01はクレードルと言う専用の充電台にも対応していて、充電しながらのインターネットにも対応しています。WiMAXサービスを提供するプロバイダの中で、ちょっと他と違うのが3WiMAXってプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言うとUQ WiMAXの系列のものが殆どなのですが、3WiMAXはKDDI系列のWiMAXサービスを取り扱っています。ですので、3WiMAXでラインナップされているWiMAX端末の機種が、UQ WiMAX系列のプロバイダとは全然異なります。具体例を出せば、3回線のキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出るUSBタイプのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、UQ WiMAX系列のプロバイダにはランナップされていません。
WiMAX通信機は普通の価格が20000円しますし、クレードルセットで22750円も掛かります。

かなりの金額となりますので、WiMAX導入の際の負担になってしまいます。そう言うわけで、それぞれのプロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。

プロバイダによってはクレードルセットで無料のとこもありますので、そんなプロバイダを選択するとベストです。
それぞれのWiMAX端末にはクレードルと言う充電用台座が別に売られていて、値段としてはおよそ3000円ほどします。そんなクレードルの必要性が気になると言う方もいるでしょうが、基本的にはなくてもWiMAXを利用する事が出来ます。



そうは言っても、クレードルがある事でイーサーネットポートを利用する事が可能ですから、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードが利用する事が可能になります。更に、いつもWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますので、いつも外に持ち運ぶ事が可能となります。
某電機屋さんで、光回線を店員からお勧めされました。私はWiMAXを使っていますので、ご想像の通り、光回線は必要ありません。
ですので、店員に対して不要と言う気持ちを伝えると、想定外の返事をされました。
WiMAXだったら、天気によって受信具合がコロコロ変わるでしょう?ですけれども、3年間WiMAXを使用して来た経験上、天気によってWiMAXの受信具合が変わると言う事は一度もありませんでした。大雨が降って停電になった日もありましたが、WiMAXの受信具合が落ちたり等と言った経験は一度もありません。Speed Wi-Fi NEXT WX01のニューモデルに相当するSpeed Wi-Fi NEXT WX02と言うWiMAX端末は、Speed Wi-Fi NEXT WX01よりもバッテリーの消費を抑える点が強化されたWiMAX端末です。その訳は、Speed Wi-Fi NEXT WX01で新たに導入された4×4MIMOと言う機能は通信速度が倍になるメリットがあるものの、バッテリー消費が激しかったからです。


そう言う訳から、Speed Wi-Fi NEXT WX02にはバッテリーの量で判断して4×4MIMOから2×2MIMOへと自動的に切り替わる機能となる、バランスモードと言う機能が新たに導入されました。
その上、三日間の総通信量がディスプレイされる機能が新しく搭載され、混雑回避のための速度制限への対応が取りやすくなりました。WiMAX通信専用の端末は、年々新しいものが発売されます。それぞれによって性能が違い、スペックも異なります。
その中においても衝撃的だったのが、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の発売です。

このWiMAX端末はau 4G LTE通信に対応していて、当時はまだ不十分だったWiMAXの通信可能範囲を広げる事が出来ました。


WiMAXサービスに申し込んだ事により、私の日常は大きく一変しました。

一番変わったのが、スマホで7G制限に気を取られる必要がなくなりました。


Wi-Fi通信を使用してWiMAX端末でインターネットをするので、スマホの通信量は浪費しなくなった訳です。そんな事で、スマホサイトに動画が設置されている場合であっても、気にせず普通に視聴出来るになりました。

月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとして、Racoupon WiMAXが挙げられます。


驚くほど月額料金が安いプロバイダですので、あれこれ制約を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダと言えます。



しかしながら、auスマートバリューmineに非対応ですから、auのスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、あまりうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。



それに加えて、電話でのユーザーサポートが平日の10時から18時までしか対応していませんので、そんな部分でも気を付けるべきWiMAXのプロバイダと言う事になります。UQ WiMAXを購入すると、WiMAX本体しか必要ないので、部屋の中がさっぱりします。



光回線だとモジュラージャックとモデムとWi-Fi機器が必要で、その間をケーブルで結ぶ必要性があります。モデムには月々レンタル料金が掛かり、毎月の使用料金に上乗せされます。



そして、モデムに無線カードを差し込む事も可能ですが、無線カードを使用する場合はレンタル料を取られてしまいます。
枠下 枠上

nifty WiMAXと言うプロバイダで

nifty WiMAXと言うプロバイダでWiMAXの契約をすると、Wi-Fiサービスをタダで利用する事が出来るキャンペーン特典が貰えます。対応するWi-Fiサービスなのですが、nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスとau Wi-Fi SPOTの二種類です。nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスですけど、UQ Wi-FiエリアとWi2エリアの双方を利用する事が出来るようになります。



WiMAX端末が手元になくても使用する事が可能ですし、通信制限も気にしなくて良いので、とても評判のあるサービスになってます。WiMAXを使用する際、注意すべき速度制限が二種類あります。



一つ目は、月間データ量による速度制限と言う、7G制限と呼ばれているものがあります。



次いで、混雑回避の為の速度制限と呼ばれるものが存在します。
ギガ放題プランに申し込むことによって、ハイスピードモードを設定時の月間データ量による速度制限は適用外となります。
ではありますが、混雑回避の為の速度制限は適用となります。
WiMAXサービスの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言うところにあります。

他のモバイルインターネットサービスなら、帯域制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。



問題ない事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位ではないでしょうか?ですが、WiMAXだったら堂々と映画が観れますし、24時間インターネット放送を流しっぱなしにしても平気です。UQ WiMAXではなく、KDDIのWiMAX端末として販売されているSpeed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)は、下り最大通信速度が370Mbps出ると言う点が強みのWiMAX端末です。こんなに速い通信速度を出す事が可能になる秘密は、WiMAX 2+とFD-LTEを使ったキャリアアグリゲーションにあります。この3種類の電波のCAですが、WiMAX 2+のTDD2波とFDDLTEの1波の周波数帯域を束ねる事で、下り最大通信速度が370Mbpsと言う脅威の通信速度を実現出来ている訳なのです。しかし、Speed Wi-Fi NEXT W03(HWD34)を販売している店舗には限りがある為、選択可能なキャンペーン特典の選択の幅もそんなに多くありません。

WiMAXを使っていて思うメリットは、複数あります。

最初に、モバイルの通信規格と言う点で、どこにいてもインターネットにアクセスする事が出来ると言う点です。
次に思い付くのが、モバイルのネット通信ですから、ネット開通工事は行なう必要ありません。
他にも、モバイルの通信規格と言う点で、月額料金が安くなると言うメリットもあります。


更に、通信量による速度制限が厳しくないところも、WiMAXを導入する際の利点と言えます。近頃、WiMAXのプロバイダの中には、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ています。

例えば、Broad WiMAXはご満足保証と言う保証制度を導入しています。
または、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を導入してます。いずれの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約を行なう事が出来ると言う制度となります。


Speed Wi-Fi NEXT WX02(NAD31)は4×4MIMOと言う機能に対応し、下り最大通信速度が従来の倍になる220Mbps出る部分が特徴のWiMAX端末です。
4×4MIMOと言う機能はWiMAX端末に内蔵された4本の受信器と、WiMAX基地局に設置された4本の受信器で4回線の同時通信を行なう技術の事です。その技術により、下り最大通信速度が従来の110Mbpsから、倍の220Mbpsになる訳なのです。
そして、Bluetoothにも対応していますから、Wi-Fiよりもわずかな消費電力でテザリングを行なう事が出来ます。GMOとくとくBB WiMAX 2+と契約時に付いて来るオプションサービスの中に、Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションと言う月額362円の有料サービスもあります。Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプションとは何なのかと言うと、ワイヤアンドワイヤレス社の提供しているWi2エリアとUQコミュニケーションズ株式会社の運営しているUQ Wi-Fiエリアを利用出来るサービスの事です。対象となるアクセスポイントは全国に10000ヶ所以上存在していて、駅や空港やバス、飲食店やホテルなどで使用する事が可能です。Wi2エリアの中には別途1時間利用ごと100円掛かるオプションエリアチケットを購入する必要のあるエリアがありますが、オプションエリアチケットを買い取った料金分はGMOポイントと言う形で還元して貰えます。
WiMAX端末の中には、au 4G LTEと言ったauの通信回線に対応している機種もあります。au 4G LTEは人口カバー率99%と言う利便性の高い通信回線で、幅広いゾーンで繋がります。
それから、800MHzのプラチナバンドの電波を使っていますので、奥まった部分にまで電波が行き届きます。
その一方で、一度でも使うと月額1005円の回線使用料が請求されますし、ギガ放題プランであっても通信制限が普通に適用されます。


WiMAXサービスを運営してるのプロバイダの中では、完全オリジナルのキャンペーン特典が準備されているとこもあります。
例えば、DTI WiMAX 2+と言うプロバイダの場合だと、DTI Club Offと言うDTI会員だけのオリジナル割引特典が付いて来ます。DTI Club Offとは、全国各地にある宿泊施設やレジャー施設、合わせて、温泉施設やインテリアショップ、飲食店や宅配ピザなどなど、さまざまなサービスを特別な優待価格で利用する事が出来ます。

映画やミュージカル、美術館やカラオケなど、書き尽くせない程対象となるサービスはバラエティー豊かですから、色んな方にお得感を感じて貰う事が出来ます。


枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 インターネット導入アドバイザー All rights reserved.