インターネット導入の際の情報をご紹介します。

インターネット導入の際の情報をご紹介します。

インターネット導入アドバイザー

↑ページの先頭へ
枠上

WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本

WiMAXサービスは25ヵ月間契約が基本になっていて、期間内に解約をすると契約解除料を取られてしまいます。

それだけ長い契約期間になっていますので、しっかりとしたところと契約をしたい所です。うっかり見落とされがちなのが、各契約先のカスタマーサービスの対応です。
コールセンターの営業日が平日のみだったり、フリーダイヤルでは無かったりするプロバイダも少なくないですから、きちんと考慮してから契約を行いたいものです。



WiMAXサービスの魅力としては、インターネットへのアクセスを無線で行なう事が出来ると言う点にあります。無線を使用するので、色々な場所でインターネットを楽しむ事が可能となります。

加えて、WiMAX機器は小型ですので、どこへでも持ち運ぶ事が可能です。
諸々の部分を考えると、タブレットと一緒に持ち運んで、好きな場所から使用するのも良いです。

と言う事なので、プロバイダによってはWiMAXとタブレットをセット売りしているところもあります。
URoad-StickはUSBサイズの軽くコンパクトなWiMAX端末で、持ち運びが楽で便利です。
URoad-StickをUSBポートに接続する事によって、給電しながら使用する事が出来ます。



難しいセットアップも不要で使えますから、そう言う手軽さが人気のWiMAX端末となっています。


対応している通信回線はWiMAXとWiMAX 2+で、通信の下り最大速度となると110Mbps出す事が出来ます。
最近のUQ WiMAXサービスと言うと、au 4G LTEと言う通信回線に対応しているWiMAX端末も登場しています。au 4G LTE通信はauの通信回線で、人口カバー率が99%を超える、とても繋がりやすい通信回線なのです。
800MHzと言う低周波数を使うプラチナバンドで、障害物があっても貫通したり回り込んだりするので、奥まった位置にも電波が届きやすいです。



今までのau 4G LTEの下り最大通信速度は75Mbpsでしたけど、下り最大通信速度が100Mbpsに対応したエリアや、下り最大通信速度が150Mbpsに対応しているエリアも増えて来ています。
WiMAXサービスと契約を行う時、様々なキャンペーン特典が付いて来ます。

中でもお勧めなのが、公衆無線LANを使用出来るようになるサービスでしょう。UQ WiMAXだとUQ Wi-Fiプレミアム、そして、@nifty WiMAXだったら@nifty WiMAX Wi-Fi プレミアムサービスと言う感じのものです。どのプロバイダと契約を行っても利用出来るau Wi-Fi SPOTと言う公衆無線LANサービスよりも、多くのWi-Fiスポットと提携しているサービスです。
WiMAX通信機は通常価格が20000円しますし、クレードルセット販売で22750円もします。


結構な価格となりますので、WiMAX導入の際の負担となってしまいます。


ってことで、各プロバイダではWiMAX端末の無料プレゼントを行っています。



プロバイダによってはクレードルとセットで無料の所もありますので、そんなプロバイダを選択すると良いです。GMOとくとくBB WiMAX 2+でWiMAXサービスの契約を行なうと、月額料金の支払いの度にGMOポイントが100pt貯まります。
貯まったGMOポイントはBBウォレットにて100円に換金可能で、GMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金に使用する事が出来ます。BBウォレットの残高に現金を振り込んでおけば、何もしなくてもGMOとくとくBB WiMAX 2+の月額料金の支払いに使用されます。合わせて、GMOポイントは約2万店の提携ECサイトのネットショッピングで現金の代わりとして使用出来たり、クーポンサイトであるくまポンで現金代わりに使用する事も出来ます。WiMAXに関して調べていると、結構言われている事があります。例として、通信速度が実用レベルじゃないだとか、そんな感じの悪い評判もあります。

にしても、WiMAXの受信状況は日々向上しています。

と言う訳で、WiMAXの環境は口コミよりも良い場合が多いです。口コミサイトでWiMAXについて調べる事もあるでしょうが、そう言った点を頭に入れながら読むようにしましょう。

WiMAX通信に対応した機器は何種類か存在します。新製品が次々と登場し、WiMAX端末の機能は年々強化されています。WiMAXの通信回線もそうで、WiMAX端末が対応しているのはWiMAX回線だけだったのですが、2種類の通信回線であるWiMAX 2+回線やau 4G LTE回線も追加されました。

他にも、年々向上している通信速度もその一つでしょう。

キャリアアグリゲーションや4×4MIMOと言う技術が導入された時も、通信速度が倍に向上しました。
WiMAXサービスの強みは、速度制限が厳し過ぎないと言うところにあります。
他社モバイルインターネットなら、通信制限が恐ろしくて映画など見てられません。



平気な事と言えば、5分程度の動画を数日に一回程度観る位でしょう。けれども、WiMAXならば普通に映画が観れますし、一日中ネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
枠下 枠上

So-net モバイル WiMA

So-net モバイル WiMAX 2+にてWiMAXサービスの申し込みをするメリットですが、セキュリティサービスが1年間無料になると言う点が利点の一つとして挙げられます。

なぜならば、So-netが提供するインターネットサービスはWiMAXのみに限らず、セキュリティサービスが付いて来ると言う点で好評なのです。申し込み後に付いて来るセキュリティサービスと言うのはカスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティの事で、WindowsとMacとAndroidの3種類のOSで利用可能で、最大5台の機器までインストールする事が出来ます。カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティと言うソフトをインストールする事によって、ウイルスやハッキングやフィッシング詐欺などの多様なリスクを減らす事が出来る点が、とてもありがたいキャンペーン特典です。



この所、WiMAXのプロバイダの中に、オリジナルの保証制度を用意するプロバイダが出て来ました。

例えば、Broad WiMAXと言うプロバイダはご満足保証と言う保証の制度を導入しています。その他には、GMOとくとくBB WiMAX 2+は20日間の保証制度を採用しています。
どこの保証制度にしろ、契約解除料を支払わずにWiMAXの解約手続きを行なう事が可能な制度になります。


WiMAXサービスの中でも、最もサポート関連がしっかりしているのはUQ WiMAXでしょう。
WiMAXサービスに対する情報を一番持っていますし、トラブル時の対応も最も迅速かつ的確で、サポート対応時間も最長なのです。
だけど、UQ WiMAXはその代わりにキャンペーン特典の中身がイマイチですから、代理店と契約を行なうと言う手段もあります。代理店ならキャンペーンの中身がある程度充実していますし、サポート対応はUQ WiMAXを利用出来ると言った良いとこ取りが出来ます。


WiMAX通信機のサイズは、手のひらサイズです。
そう言う理由で、カバンに入れて持ち運びできます。
ポケットに収まるサイズですし、重量や厚みも大した事無くて、ハンカチと一緒に入れても大丈夫です。ワイマックス端末は、スマホアプリを使用して操作可能です。なので、ワイマックス機器をカバンの中に入れ、その状態で使用する事も可能です。
最近のインターネット業界は、モバイルインターネットも色々種類が出て、こちらの人気の高まりを感じます。



契約した建物内でしか使えないと言った従来の概念とは異なるので、とても利便性が大きいのが特徴です。ただ、モバイルですから、通信状態の信頼性が乏しいところはあります。



ただ、モバイルの整備は目まぐるしく進んでいますから、通信状況は良くなっています。



そう言う事から、モバイルは無線だからと言っても使えないと言う事は無いです。



Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14の後に続くモデルとして登場したWiMAX端末が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15です。


Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15の持つ主な特徴としては、WiMAXとWiMAX 2+とau 4G LTEの三種類の通信回線を利用する事が可能だと言う点が挙げられます。Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はWiMAXハイパワーと言う技術を備え、これまでのWiMAX端末のWiMAX通信と比較すると、一回りくらい広範囲での通信に対応しています。


そして、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD15はクレードルと言う専用の充電台に対応した部分が、Wi-Fi WALKER WiMAX 2+ HWD14と比較した際の全く違うところと言えます。月額料金の安価なWiMAXのプロバイダとしては、Racoupon WiMAXがございます。びっくりするほど月額料金が安いプロバイダですから、あれこれ制約を付けない中であれば、業界で最も安いWiMAXのプロバイダだと言えます。ただし、auスマートバリューmineには非対応ですから、auにてスマートフォンやケータイと契約しているユーザーにとっては、ほとんどうまみのないWiMAXのプロバイダと言っても良いでしょう。更に、電話でのユーザーサポートが休日以外の10時から18時までだけ対応となっている為、そう言う点においても注意が必要なWiMAXのプロバイダと言う事になります。
WiMAXの通信を行なう事の出来る機器は数種類ラインナップされています。

次々と登場するWiMAX端末の種類は多く、WiMAX端末の持つ機能はどんどん強化される一方です。

一例を挙げると、WiMAX端末の対応回線がWiMAX回線のみから、WiMAX 2+回線やau 4G LTE回線を使い分ける事が可能となりました。
更に、通信速度の向上が目まぐるしいです。キャリアアグリゲーションや4×4MIMOが採用された時も、通信速度が倍に速くなりました。確かにWiMAXには帯域制限がありますが、そんなにハードなものではありません。
ギガ放題プランで契約すれば、ハイスピードモードを使用時の月間データ量による速度制限がありません。
また、混雑回避の為の速度制限の場合も、他のモバイルインターネットサービスの3倍もの通信量を使用する事が可能です。通信制限時であっても、動画の視聴が可能な通信速度は維持されます。
WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中に、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。


このプロバイダが運営しているWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う部分が特徴的です。
このセキュリティサービスですけど、カスペルスキーのマルチプラットフォームセキュリティと言う名称のセキュリティサービスです。月額500円掛かる有料サービスですから、金額的に6000円くらいのお得感になると言えます。
枠下 枠上

WiMAXの強みは、速度制限の規制が

WiMAXの強みは、速度制限の規制が厳し過ぎないと言う部分にあります。
他社モバイルインターネットサービスなら、速度制限が恐ろしくて映画など視聴出来ません。


平気な事と言えば、5分ほどの動画を数日に一回程度視聴する位ではないでしょうか?でも、WiMAXなら普通に映画が観れますし、24時間インターネット番組を流しっぱなしにしても平気です。
URoad-Home2+はホームルータータイプのWiMAX端末で、バッテリーを内蔵していない理由から、使用用途は室内利用だけに限られています。
そんな面はありますが、可動式の高利得アンテナが外部に取り付けられていて、受信性能の良さが特徴の一つとなっています。

その上、同時に16台もの機器をWi-Fi通信出来る上、2台の機器を有線で接続する事が出来ます。その他、WiMAX通信のみを使用するノーリミットモードを搭載していますので、帯域制限を気にせずインターネットを利用する事が可能です。WiMAXと言うネット通信サービスなのですが、このネット通信サービスって、7G制限が行われない分、少しは使い勝手が良い点が特長となります。そう言う点で、たっぷりとインターネットを楽しもうと思っている方にとって、最も適したモバイルインターネットサービスです。通信制限をいちいち気にしてられないのならば、契約を考えてみてはいかがでしょう?モバイルインターネットサービスには、WiMAX以外にも色々なサービスが存在します。



一例を挙げると、速度制限無しが強みのぷららモバイルLTEがあります。速度制限の無いぷららモバイルLTEなのですが、通信速度はわずか3Mbps程度です。この通信速度は、WiMAXの速度制限時よりも遅いです。
そう言う理由から、速度制限は無いものの、WiMAXと比べると、速度制限状態でずっとインターネットを利用するようなものです。

WiMAXサービスを提供しているプロバイダの間でも、ちょっと変わっているのは3WiMAXと言うプロバイダです。
WiMAXサービスのプロバイダと言えばUQ WiMAXの系列のものが大半なのですが、3WiMAXはKDDI系統のWiMAXサービスを取り扱っています。



なんで、3WiMAXにはラインナップされているWiMAX端末の機種が、他のプロバイダとは全然異なります。具体的には、3波のキャリアアグリゲーションによって下り最大通信速度が370Mbps出る部分が特徴のSpeed Wi-Fi NEXT WiMAX 2+ W03や、下り最大通信速度が220Mbps出せるUSBタイプのWiMAX端末となるSpeed USB STICK U01は、他のプロバイダにはランナップされていません。

WiMAXサービスを販売するプロバイダの一つに、Broad WiMAXと言うプロバイダがあります。Broad WiMAXの特性としては、月額料金が安い点が挙げられます。
その分初期費用が高額なのですけれど、クレジットカード払いの人は初期費用がタダになるキャンペーンが行われています。

契約から25ヵ月目以降は業界最安値のプロバイダなのですから、長い期間契約を続ける方にはお勧めのプロバイダです。WiMAXサービスを使っていて感じる利点は、いくらかある様に感じます。最初に思い付くのが、モバイル回線って事で、どこからでもネット通信に対応しています。二つ目が、無線の通信回線ですので、ネット回線工事が必要ありません。


他にも、ネット回線工事が必要ありませんから、毎月の通信費が低くなると言うメリットがあります。その他にも、通信規制が緩い点も、WiMAXが素晴らしいところと言えます。


WiMAXサービスを取り扱っているプロバイダの中の一つに、So-netモバイルWiMAX 2+ってプロバイダがあります。このプロバイダが運営するWiMAXサービスですが、12ヵ月間セキュリティーサービスを無料で利用する事が出来ると言う点が特徴です。



So-netモバイルWiMAX 2+の特典となるセキュリティサービスなのですけど、カスペルスキーと言う会社のマルチプラットフォームセキュリティと言うサービスです。月々500円のサービスですから、6000円分のお得感があると言えるでしょう。


UQ WiMAXサービスには色々な契約プランがありますが、25ヵ月間契約が一般的です。その訳は、25ヵ月間継続の契約を結ぶ事で、25ヵ月間の月々の料金が500円安くなるおトク割と言うキャンペーン特典が付くからです。

なおかつ、契約から26ヵ月目以降になると長期利用割引が適用されるので、結局、ずっと500円割引きされた態でUQ WiMAXサービスを利用し続ける事が出来ます。500円と聞くと大した金額ではありませんけど、割引きが適用されるのは毎月の事ですので、お得感は毎月重なって大きくなります。各WiMAX端末にはクレードルと言う充電台が別売りで売られていて、価格としては大体3000円ほどします。このクレードルの必要性が気になると言う方もいるでしょうが、基本的にはなくてもWiMAXを使用する事が可能です。なのですが、クレードルがある事でイーサーネットポートを利用する事が出来ますので、LANケーブルを使用したAPモードやルータモードが使用する事が可能になります。
また、いつもWiMAX端末をフル充電の状態で維持する事が出来ますので、いつも外に持ち出す事が可能になります。



枠下
枠上 枠下
Copyright (c) 2014 インターネット導入アドバイザー All rights reserved.